都市ガスはこれまで法律の規制によって地域ごとの独占体制が敷かれていましたが、現在ではガス自由化によって他の事業者の新規参入が認められるようになっています。

このような自由化にともない、新規参入を決めた企業では、より消費者に対する訴求力のあめガス料金プランを次々と打ち出しています。

独占体制のもとでガス料金の価格競争が進まずに硬直化していた時代とくらべると雲泥の差があります。

新規参入企業のガス料金プランの特徴としては、それぞれの本業のほうの商品やサービスの料金と組み合わせた割引制度の導入が多いことが挙げられます。

たとえば新規参入企業のなかでも多いのは電力会社ですが、この場合は電気とガスの供給契約をひとまとめにしたプランを提供することができますので、電気料金とセットでガス料金のほうも従来にくらべて安くなるというしくみです。

ほかにも都市ガスと同じエネルギー分野つながりでガソリンスタンドを運営する企業が参入するケースがあります。

この場合も本業のほうのガソリンとセットでの販売が可能ですので、都市ガスを契約した人に限ってガソリンもリッターあたりの割引が適用される制度を導入しています。

このような新規参入企業のガス供給契約に乗り換える場合については、その企業が本来提供している商品やサービスの内容とあわせて考えると、有効な選択肢が見つかることがあります。

つまりは生活のなかで両方とも利用する頻度または金額が高いものを選択するのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です