日本はガスを海外依存している割合が高く、ガス料金は燃料コストや為替変動、貿易摩擦などに大きく影響を受けます。

消費増税によっても消費者の負担は大きくなっており、今後も基本料金や使用料金が値上がりすると言われています。

そこで、ガス料金を少なくし負担を小さくする工夫についてお話を進めてゆきます。

まずはガスそのものの節約をします。ガスは主にキッチンでのガステーブルや給湯、お風呂や洗面所での使用となります。

キッチンではガス着火時間の短縮化と火力を調節するだけで大きく節約できます。

圧力鍋を使用したり、大きめの鍋やフライパンを使用するだけで節約が可能ですし、ふたを使用することも効果的です。

使用した食器を水を張った盥に浸し、湯洗いを最小限にします。

熱伝導率の高い鍋を使用するのも節約となります。

二つの料理ができる仕切り鍋を使用するのも良いでしょう。

お風呂は給湯時に蓋をして沸き上がりと共に入浴し、追い炊きを少なくするだけで節約が可能です。シャワーヘッドを交換するだけでガス料金の節約が可能です。

洗髪時や身体を洗う際にシャワーの出しっ放しはガス料金が無駄に増すので、こまめにシャワーを切りましょう。お風呂の温度を下げることで節約が可能ですが、41度~42度のやや高めの温度に沸かして、追い炊き機能を使用せず、入浴時に蓋を利用してしっかり首まで浸かるというのもガス料金節約となります。

料金の決済方法でも節約は可能で他の公共料金とクレジット払いにまとめて決済するとポイント還元やキャッシュバックが受けられるため、チェックしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です