ガスを購入する企業は選定することが出来ます。

ガス会社は乗り換えすることが出来ないと思い込んでいる方は少なくないのですが、利用者が自分の好きな事業者を選ぶことは可能です。

インフラ事業はこれまで安定供給をさせるために法律で利用者が事業者を選定出来ないように定められていましたので、都市ガスの場合自分の住んでいる地域でサービスを提供している企業を利用する以外に方法がありませんでした。

しかし、電気、ガスに関しても自由競争を促すために法律が改正され、小売販売事業に色々な企業が参入することが出来るようになりました。

電気を販売する企業がガスを販売することも可能になり、顧客争奪戦が始まっています。

乗り換え割引など、キャンペーンを実施してお得な利用料金を設定している企業もありますので、選定する際には利用料金はもちろんのこと、何かあった際のアフターケアなども含めてよく検討したいところです。

また、プロパンを利用している方に関しても、利用する事業者を選ぶことが出来ます。

乗り換えるとこれまでの事業者の方に悪いのではないかという気持ちを持たれる方もいらっしゃいますが、固定費の見直しは家計を預かる方にとっては避けては通れない道です。

義理を感じて高い料金を継続して支払い続けることに関して疑問を持つようであれば、他のガスサービス事業者に乗り換えを検討した方が良いでしょう。

納得のいく価格で継続して契約していく方が家計にとってもメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です